« ラスト1か月・・・ | トップページ | 二十四万石に行ってきました »

2014年3月29日 (土)

出張を振り返り

 今年度はほんと色々ありすぎました。新たな職場、出張、転機・・・総合的に反省し、今後どうしょうか。も含めて振り返ろうかと思って。特に出張先であった香川県では特に色々とありました。主は香川で自分のこれからが変わったというべきかと思いつつ、改めて仕事、生活、その他含め見つめなおす機会でした。以下相当ながーい文となります・・・(改めて見ると)

 

 今年度初めはまあ3か月は高知でとある派遣先で仕事していまして・・・それはそれは平和でした。まあ、過去6年。ずっと同じ派遣先で相当精神的にしんどかったのもあり、いい機会かなと。また、同時に過去6年の仕事の精算もある意味できた。という意味でも良かった3か月です。

 もともと過去6年の場所。仕事的には自分向きでしたが外野や大きな圧力に負けてしまった・・・ということもありましたね・・・

 

 そこから後の9カ月ですね・・・

 

まず・・・

「食」・・

今年はとにかく香川でのうどんめぐり。これのみ。です。なにしろ香川では昼=うどん。ほぼ9899%じゃないか?という位でしたね。洋食等も食べたのですがトータルで100件以上食べに行ったことになっています。さすがにうどん100件ではないですが・・・それでも飽きなかったのも不思議です。ちなみに高知で、数年で100件超だったのに対して1年もたたないうちに100件超えはすごすぎ・・・と自分でも思いました。

さて・・・各地区の順位と総評を。

うどん総合順位(香川)・・一福、讃岐の香り石川うどん、蒲生うどん、田村、松岡

うどん地区別は約5ブロックで

さぬき、東かがわ方面・・そらいけ、六車、うどんやまるちゃん、うどんや、吉本食品

高松市・・一福、讃岐の香り石川うどん、玉藻うどん、手打ちうどん麦蔵、わら家

坂出、丸亀方面・・蒲生うどん、田村、松岡、麺処綿谷、中村うどん

観音寺、琴平周辺・・上戸、谷川米穀店、長田in香の香、山内うどん店、白川うどん

ちなみに洋食等を含んだ総合部門。

総合順位(香川)・・一福、洋食おなじみ、讃岐の香り石川うどん、たわら屋、蒲生うどん、田村、松岡、ラ・ファミーユ高松本店・・・という感じです。

 総評・・・結局はどんなに観光客に人気店でも「ん~?」という店もあればそうでない店もあったり。「個人の好み。」これです!

なのでこの順位は個人の評価の順位。というところです。

 

 

「住」・・

とにかく香川に行き始めた7月。会社が借りていたレオパレスは2階の角部屋。最高でしたが、いかんせん問題が発生し・・・早速レオパレスと話をし、確認をしてもらったうえで、代替の物件が整うまでの間はホテル住まい。ホテル住まいっていいなぁ~と思われたりするのですが、実際住めばかなり精神的にも負担かかります。なにしろ出張なので借りっぱなしというわけにいかないので部屋を限定日で借りたりするので、やはりホテル側の都合もあり週1で部屋が変わりました。風呂が右の時もあればその逆もあり。部屋の造りや場所、さらにホテルそのものが変わった時も。それに加えて食事代がやはり出来物ばかりの購入なのでお金がとにかくかかりましたね。洗濯も汚れた際はコインランドリーを用いる等でそれもお金がかかり、干すに干せずに乾燥機。ほんと思い通りにならなくて結局トランクにいっぱい詰め込んで・・・水泳も行きたかったけど・・・夏で良かった。ほんと大変でした。短期滞在であればホテルがいいでしょうけど長期は同じ部屋でなければかなり面倒で、気を使い、なによりホテル生活なんて慣れていなかったので相当なストレスでしたね。

 ビジネスホテルの利点はまあ寝泊りが前提なのと、片付け等の必要がない程度。欠点はとにかく自由がきかないという一言かな。

 そして、ようやくレオパレスが整ったのが2か月後。長かった・・・で、準備してくれた部屋は交渉して合意して決まった部屋なのですが1階の角部屋。そこも若干問題が・・・しかし、もう果てがないし、そこまで自分も支障にならなかったので合意しました。そして、色々な対応をし、ようやく落ち着きました。

 レオパレスはやはり家での住み心地とは全く異なり、一言なにもかもが「コンパクト」です。キッチンはびっくりする位小さいですね。まあ作ることは工夫してなんとか対応しました。トイレは、ウォシュレットではなかったですね。まあいいかと思いつつ。風呂はバスが小さすぎて結局どうしょうかと思いましたが入らなかったです。なにしろ1人なのでお水(お湯)がもったいないし。

 洗濯機はまあ・・・あるだけましです。が、ソコソコの洗濯機なので・・・正直うるさいですね。隣に響くのじゃないの?と思ってしまった位です。

 後・・・冷蔵庫、レンジはそれなり。ですね。キッチンはIHなのでよさそうに見えますが火力があまりないですね。

 にしても風呂だけがガスですのでなんとも言えない・・・です。どうせならオール電化?まあ無理か・・・

 収納はまあ中途半端。なんとかおける場所へおきましょう。でした。

 居住区域についてはまあまあでした。が、多分か?1階は板のフローリングで歩くに音がするので自分で敷物(自分は子供がいる家庭でよく使っている厚めの安いアルファベットとか数字があるマット)を捨てずに家に置いてあったのを持ってきて敷きました。多分ですが2階の部屋はマットを敷いているはずです。(7月時点で借りていた所がそうだったので)

 自分の部屋は梯子があり、いわゆるロフトがありました。が、全く使わずじまいでしたね。

 テレビはまあ小さいです。照明は通常の白色ではなく赤みがかかった照明で、本を読むにはつらかったです。自分は間接照明を持出し、つけていました。

 そうそう。テレビといえばNHK。住み初めて1か月してとうとう来られて入会させられました。ただ、自宅で入っているので家族割というやつです。まあ仕方なかったですが・・・

 住み始めは次第になれて、住めば都という感じでまあまあでした。特別それまで文句はなかったのですが・・・

そして約2か月後から事態は急変。2階の空室にとうとう人が入りました。自分は仕事上の都合でずっと滞在ではなく、ランダムな日、日数で香川に滞在でしたので、気づけばいつの間にかいた。みたいな感じでした。

 ある程度予想していましたが・・・やはり響きますね。失礼かもしれない。でも正直レオパレスって壁が薄いので・・・床も薄いですね。ドスドスドス・・・バタン ジャー・・・と普段テレビを見ている際は思っていなかった音が寝ている時には聞こえてきます。自分が1階だから言える話。2階ではわからないでしょう・・・相手が夜更かし型の人であればなおさら・・・自分とはタイムラグが2時間からあったので毎晩2時間は寝れずじまいの日々でした。

 とどめは冬。寒いですよね~ なのでエアコン=室外機。なにしろうるさいです。次第に気になってきて結果、ストレスたまります。 → 上の住人の生活ペースにあわさざる終えない状況となり、結果さらに睡眠不足へつながっていきます。

 駐車場は場所によると思いますが自分の置場は部屋の前で、かつスペースが広い端っこでして、置きやすいのですが、隣の車が自分のほうの白線境のぎりぎり付近にいつもおいてくれるので、それはそれでイラっとしましたね。

 批判的な部分が多いですが・・・レオパレスの長所、欠点、その他まとめると

 長所・・意外と住み心地はこじんまりながら悪くない。電気器具類等も最低限の機能は備えている。即生活できるレベル程度ではある。(ただし、ほんと最低限)。まあ贅沢は言えないが住めば都です。

 欠点・・人によるがなにかと気を使う。とにかく壁が薄い。通常の住宅の壁並みです。正直隣の目覚ましが聞こえてきたほどでした。それとコンパクトすぎて一般家庭と同じようにはいかない。また、自分が経験したもので言えばやはり管理不足かな。従業員数等に対して戸数がやはり多く、かつ入退去が激しいので、おそらく都度の定期メンテナンスや、特に入居前の確認なんてしていないな・・・と感じました。

 そして・・・自分が考えた結果、もし可能であれば2階の角部屋が理想的。しかも入る前に事前に自分で色々と確認して、合意のもとで借りることをお勧め。(ネットでポンはさすがに危険大)さらに出来れば1階の直下に人が住んでいなければなおGood。さらに隣人も・・・あとはその借りたい場所の環境を調べる等(自転車置き場や付近の様子)、それと勘と運にたよる。でしょうかね。失礼かもしれないけど、個人的にはあまり支障がなければ安い物件よりはあえて高額物件のほうがそれなり層の人が住むのではないかな?と感じました。

 それと、相手も商売。賃貸契約をすれば良いだけなので、借りる側の事はあまり考えてくれないので、住んでみて「え~」というのはありがちかも。真剣に借りる前には可能な限りのリサーチをおすすめします。

 後は滞在期間と家賃等をホテルで宿泊した場合と比較し、選ぶことも大切かなと感じました。自分の場合、実際ホテルで宿泊したほうが安かったのかもしれない。という結果でした。

 例えると、レオパレス家賃が月4万+駐車場1万+光熱費でまあざっと4千円としてまあ仮ですが1か月6万とします。ビジネスホテル1泊5千円とすると、12泊でイコール。ということはそれ以下の宿泊だとホテルがましかな。という感じでした。

 あっ。あと禁煙ではない部屋が多いので、元喫煙者のいた部屋は特に要注意(壁等含み)。とにかく前回の状況含み色々と契約を結ぶ前に聞いておいたほうがいいかもしれません。借りる側が弱い立場で、仕方なく譲るのではなく、貸すほうにも責任を持ってもらう。これ大切です。

 

「観光」・・

 観光は仕事終わり次第とかたまの都合で仕事がキャンセルになった際とか・・・スキを見て可能な限り、とにかく西から東。北から南。観光しましたね。結構観光する場所が離れていますがそこは自分も行動範囲が広かったのもあり、多分主要箇所はまわったのではないかな?と思いました。まあお寺はちょっと・・・でしたが機会があったので少しだけ回ったとかもしました。あと、ウォーキングついででアーケード内の徘徊はよくしましたね。徘徊で見つけたおいしそうなお店もあったりしましたね。 ただ、独り観光だったのがなんとなくさびしかったなぁ・・・

 まんのう公園、引田の町並み、早明浦ダム、高松市内一連散策、銭形砂絵、大串自然公園、屋島、城岬公園、瀬戸大橋記念公園、ゴールドタワー、うたづ臨海公園、源平の里むれ、津田の松原、琴平参拝etc・・・

 まあほとんどが無料で行ける場所でした(汗)

 

「身体」・・

香川うどん巡りのお陰様でか?一時痩せていた時(昨年度)から比べると最大ウエストは2サイズ、体重は6kg程度プラスになっていました。さすがに焦りに焦り、今まで実行したこともないダイエット突入です。うどんは普段は「大」に加えて天ぷら。だったのを「小」と天ぷら。か、「大」だけ。最終的には「小」で。多く食べる時(うどんはしご)はカロリミット。ランニングはまあ5分。後はウォーキング1時間。たまーに水泳約1時間。若干ずつ効果が出ているのか?現時点(3月末)で1サイズダウンの3kgまではなんとか絞りました。が、まだまだです・・・やはり年なのか(汗)新陳代謝共々衰えでしょうかね(汗汗)ちょっと油断したら元へ戻ろうとします・・・

が、最後の月は「はしご」ばかりしているのでやばい・・・という日々でした。

さらに今回、香川で風邪をひき、高知のかかりつけは遠いので・・・仕方なくネットで調べてとある病院で診察→さらに風邪をこじらせたのでさらに診察→良くならないから高知のかかりつけへ行き・・・「薬の選択がおかしい!」と言われ、急性気管支肺炎だ。という話。全治1週間以上はかかり、診察料も数倍・・・最悪でした。

 さらに、最後のほうは睡眠不足・・・最終兵器の睡眠薬を病院でもらって服用。ぐっすりと眠れます。しかし、香川限定で飲まないと癖がついたら大変です。高知では眠ることはできたので飲まなかったですが、やはり香川から帰ってきたその日はいくら自分の家でも薬を飲まないせいもあってか?寝付きが相当悪かったですね・・・

 それと実際仕事のせいにしてはいけないですが、かなり以前からのストレス蓄積で、精神面でちょっと浮き沈みが激しい状態が続きました。任期満了が近づくにつれて次第に良くなってきたのですが、まだまだ昔の自分を取り戻せません。話の内容によっては熱くなりすぎるくらい感情が高ぶったりします。以前はこんな事なかったのに・・・今までの業界での仕事では7年。特に最後2年。違う意味・・・精神的に強くなったかもですが・・・

 

「車」・・・

とにかく毎月2000km以上は走りました。高知⇔高松 の日帰りもしたし。まあとにかく香川の国道は走りきりましたね。高松⇔高知の国道で行くように言われたとしても余裕で行けるかな・・・という具合です。もちろん高速はもう当たり前・・・道中FMが入らなかった時はCDで対応し、なんとかしのぎました。ずっと車で走っていましたが、眠たくなりそうな時もあったり、高速では偶然にも数十秒遅れていたら事故に巻き込まれていたかも。というのもあったりでしたがなんとか無事でしたね。

 高速については9カ月で多分10万からは使っているかな?ポイントを2回交換しました。それくらい走っているということですね・・・ただ、20144月で色々と変わるのでとりあえず一区切りでよかったかな。

 後、今年度はとにかく「雪」に遭遇しましたね。高速通行止めで国道をひた走り~ というのが3回ほどありました。スタットレスタイヤを装着してたのですがそうとう前のをはいていたので大丈夫かな?と思いながらもなんとか切り抜けました。多分もう今回でスタットレスタイヤは寿命で使えないだろうな・・・

 車は・・・やはり高速道路をかなり走行したのもあり、ガラスに傷はあったりしますね。それと、冬は雪道対策で散布される塩化ナトリウム。毎週洗車でしたね・・・まあよく車も頑張ったものです。

 さらに、ナビ。もう15年位前のバージョンだったのでさすがに・・・と思い、安いユピテルのカーナビ。これはこれで役に立ちましたね。ユピテルなのでレーダーを拾う機能までは求めなかったのですがオービス、検問等のエリアを告知してくれて助かりました。で、GPSなのですが何しろ精度は悪いです。たまにナビとケンカしましたね。地図もあり得ない道を選択されたりもしました。それでもなかったらうどん廻りもそうですが、色々不便だったのだろうな。と思い、安くていい買い物をしたと感謝です。

 

「仕事」・・・

仕事の待遇と言えば、はじめ3か月(4~7月)はほんと自分のいいペースで仕事をし、和気あいあいと・・・突然派遣で入った自分を持ち上げてくれ、色々周囲とも連携しながらいい仕事をし、コミュニケーションとれたなと改めて感じました。最終的にはたった3か月だった私の送別会までしてくれて・・・ほんとうれしかったですね。これぞ連帯感という感じでした。

が、残りの9カ月。ほんと時間を持て余すような感じで、「暇」といえる位仕事しなかったですね。なにしろ自分でする仕事がなく、巡回先の「指示」で動くような仕事でした。が、巡回先の人たち。ほとんどが「指示」してくれないのですよね。まるで自分を空気みたいに知らぬで適当に座っていたらいいんだ。みたいな・・・まあ、急にお手伝いさんで行ったところで何が出来る?何をやってもらう?という感じです。でしょうね~です。

自分ほんとなんて薄情で自分勝手な連中ばかりなのか?と思いつつ自分のいる業界っていかにこういう人ばかり(いわゆる一匹狼)で、こんなの共有ペースで各自が個人商売の仕事をしているようなものだ。と思いました。

しかしながら相手の立場も理解できなくもない・・・と最後のほうで思いましたね。ただ、どちらにしても配慮もない薄情で自分勝手な人たちにはまいりましたね。

年度末にその人たちは天罰的になんかあったようですが・・・

が、その中で、1人が私と似たような考え方を持っていて、話が弾み、よくその人と仕事をしました。特に仕事、会社に対する想いは私と似ており、なぜこの業界はコミュニケーション(連帯感)が苦手なのか?とか色々と話をしましたね。

自分もそこで見つめなおし、改めてコミュニケーションの大切さを理解したものでした。

残念だったのはせっかく新たな仕事でしたが、「技術力」は全く勉強できず、チェックマンの仕事ばかりでしたね・・・仕事をいただければできますが、こちらから相手のふところに入って仕事を奪うのもな・・・だし都合もあるだろうからなかなか・・・で、結局自分はあまりにも暇だったので異種(衛生管理者)の勉強をし、スキルを身につけたというのもありました。ただ、その「暇」な時間でも専門の書物を見るなりなんなり勉強すればよかったのかもしれませんし、もっと積極的に仕事がないか?と言えば良かったのかもしれません。

そのような仕事場でうなってましたが・・・ある時、転機の時が来ました。とあるお世話になった人からの電話で始まり、話をしているうちに・・・そこに採用され、転職先を確保しました。自分のもう一度やってみたい仕事・・・

最後の挨拶では、私のことを快く思っていない人はやはり想像どおり。あまり話はして来なかったです。多分逆に自分が堂々と挨拶回りをしに来たので異様に思ったのでしょうかと。でもなかには仕方なくとか、条件が異なっていたら多分私ともうまくいっていたであろう人とか・・・色々いました。また、最後にお話をし、改めてこの人。私の仕事の内容。真意。その他もろもろ勘違いしているよな~ という人もいました。

今回、それと改めて実感したのがコミュニケーション。正直出張先でこれだという人とはめぐり合うことはできませんでした。(いわゆるその場限りかなみたいな)大人数中の1~多くても3人はいい人がいたとしても、やはり一番ネックな他の人は・・・なので、相手に指示された場合はそれを粛々とこなすのみで全く面白みもなかったですね。が、自分も自分でもうちょっと熱を入れて熱心にしていたら良かったのかもしれませんが、環境がそうさせてくれなかったのが現実でした。以前の自分じゃ期限前に仕事放棄をしてたかも。でしたね。

ただ、自分もプライドがあり、どんな仕事でも決めたら最後までやりとおす。これだけは貫く。と思ってやっていました。よほどでない限り(倒れて入院とかetc・・)でない限りはやりとおす。これが自分のプライドでした。

自分も一時仕事のせいで相当まいってしまい、周囲に八つ当たりまでしてしまったこともありました。前年度も一時そういった事があったのですがそれも引きずっているのもあったのか・・・

ほんと反省しています。

 

 

まとめ・・・

 いま考えると、この香川の出張は自分にとってはほんと色んな意味私にとっては刺激でありました。

「食」については職人のこだわりがあり、店舗により個性があり、対応は様々。ここをこうすればいいのではないの?と思わせるような店もあれば、これはいいと思わせる店。いい店もあれば最悪の店。最後には雰囲気でなんとなくですがその店が見えてきたり。職人魂=食べ物が物語っていました。いわゆる個性あふれた食べ物。色々と味わいました。

「住」はやはり条件によって考えたほうがいいということと、入居前には相当調査をすべきだな。と思いました。時間がなかった場合でも、何か不備があった場合でも。なんにしても容赦なくちょっと待った!をし、納得いくまで対応すべきかと思いました。

「身体」はまあ年も考えろ。というとこでしょうか・・・無理しちゃいかんですわ。

「車」はまあ本当い車が頑張ってくれました(汗)。しかしまあ香川の道は走りやすいですね。

「仕事」についてはまあ・・・悪い事例を見せられ、それに向かってどうやって対応すればいいのか?とかも考えながら・・・このようなこともあるんだ・・・とか色々と考えさせられ、かついい経験になりました。逆を思えば、今までの自分がこんな感じだったのだよ。と言われているのかな?とも思ったりもしました。とにかく考えさせられました。

 極端に言うと今年は「仕事」を覚えるのではなく、「人間(特に自分)」を見つめなおす。のほうがテーマだったのかもしれません。

 さらに今までの自分の仕事の考え方を見つめなおし、人とのコミュニケーションも見つめなおし、最終的には何もかも改めて見つめなおし、考えて、新しく・・・いわゆる今年は仕事に集中するのではなく、視点を変えて、今までを振り返り、自分で自分を反省し、成長するところを見つけ出しなさい。気持ちを切り替えて目をさませ。と言われたような年だったのかもしれません。

 

最後に。言い方を変えれば・・・「いい経験した」ということで、今後はこれらの経験を生かして頑張ろう。ということかな。としておきましょう。です。

« ラスト1か月・・・ | トップページ | 二十四万石に行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラスト1か月・・・ | トップページ | 二十四万石に行ってきました »