« 2016年6月~10月 事後ログ | トップページ | 奈半利のおかって »

2018年6月29日 (金)

野良時計 さらに東へ

そしてこちらも初めて。で、意外でした・・・
家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が自分で時計組み立ての技術を身につけ、歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台。
この時計台の原型は、当時畠中家の台所にかかっていた八角形の米国製の掛時計で、これを何度も分解しては組み立てて時計の構造を学んだといわれています。
古くから周辺で農作業をしていても遠くから時間を知ることができ、「野良時計」として現在も多くの人々に親しまれています。
こちら引用
Img_1850
 
その周囲は整備されています。
Img_1851
 
Img_1852
 
Img_1853
 
時計が動いていない?ようです。時間が異なっていました。
Img_1854_2
 
さらに東へ。気になっていたところへひとっ走り(汗)
こちらは
Img_1864
 
県内で高知市以外に唯一残る安芸郡安田町の映画館「大心劇場」を一人で切り盛りし、高知のご当地ソングを唄いつづける土佐のふるさとシンガー「豆電球」がいます。
※HP引用
豆電球さんは県内イベントで出ることもありそちらで聞くこともできます。
Img_1865
 
さらに目的があるので上流へ
綺麗な川 安田川です。
Img_1866
 
Img_1867
 
こちらが見えるのは・・・
Img_1869
 
Img_1870 
Img_1871
 
整備された公園ですね。
Img_1872
 
Img_1873
 
Img_1874
 
蛍が飛びそうな環境ですね。
Img_1875
 
Img_1876
 
もうちょい上流へ・・・

« 2016年6月~10月 事後ログ | トップページ | 奈半利のおかって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571753/66864890

この記事へのトラックバック一覧です: 野良時計 さらに東へ:

« 2016年6月~10月 事後ログ | トップページ | 奈半利のおかって »